[新聞:岩手版]桑の葉で加工品~積極的に販路拡大~

農業共済新聞岩手版・東北営農技術版

[新聞:岩手版]桑の葉で加工品~積極的に販路拡大~

[ 2017年9月3週号岩手版 ]

【一関市】農家民宿「観樂樓」を営む一関市藤沢町の佐藤静雄さん(73)は、栽培する桑葉を原料にした「桑茶」などの加工品を販売している。販路拡大に積極的に励み、現在、東京都にある岩手県アンテナショップ「いわて銀河プラザ」での…

続きを読む


[新聞:岩手版]あきらめずに前へ~昨年8月の台風10号で浸水被害~

[ 2017年9月2週号岩手版 ]

【宮古市】昨年8月30日に岩手県を襲った台風10号災害から1年。河川が氾濫し、宮古市老木の関川政俊さん(52)が栽培する切り花などは流れ込んだ泥水ですべて倒された。再開を目指し、花苗を掘り起して再利用するなど早急な対処を…

続きを読む


[新聞:岩手版]技術習得に奮闘中 農事組合法人でピーマンなど

[ 2017年9月1週号岩手版 ]

【大槌町】非農家の出身ながら、農事組合法人大槌結ゆい(佐々木重吾代表理事・組合員10人)の構成員として農作業に奮闘するのは、大槌町赤浜地区の小豆島一欽さん(39)だ。先輩農家のアドバイスを受けながら熱心に栽培技術を学ぶ小…

続きを読む


[新聞:岩手版] 売上達成へ一直線

[ 2017年8月3週号岩手版 ]

【北上市】「自分がイメージするものが作れたときにやりがいを感じます」と話すのは、北上市稲瀬町で野菜生産に励む千葉康弘さん(36)だ。ネギやキャベツ、トウモロコシを中心に多くの野菜を手掛けている。 遠野市出身の康弘さんは、…

続きを読む


[新聞:岩手版]ホウレンソウ ブランド化へ二人三脚

[ 2017年8月2週号岩手版 ]

【遠野市】遠野市小友町の佐々木まゆみさん(37)は、ホウレンソウ農家に嫁いで1年7カ月。夫の重人さん(38)や家族、地域の人に支えられ、農家の嫁として新たな一歩を踏み出した。 佐々木さん方では、ハウス20棟(約43㌃)で…

続きを読む


[新聞:岩手版]バラ 切り花部門で大賞 探究心持ち続けて

[ 2017年08月1週号岩手版 ]

 「第19回国際バラとガーデニングショウ」(同組織員会主催)で「白秋」を出品した花巻市石鳥谷町の吉池貞藏さん(85)が、バラ切り花部門で最高位の大賞を受賞した。自身4度目の最高賞に「栽培技術が高く評価されてうれしい。次は…

続きを読む


1 2 3 4 5 6 14
ページ上部へ