【新聞:岩手版】野菜の販促に一役

農業共済新聞岩手版・東北営農技術版

【新聞:岩手版】野菜の販促に一役

[ 2021年2月3週号 ]

 【胆江】農家や飲食店が売り場に設置するポップ広告や商品ラベルなどを製作する金ケ崎町三ヶ尻の「なつき屋(菊池亜紀代表=41歳)」では、野菜を身近に感じてもらうため、野菜をモチーフにしたぬいぐるみやブローチなども販売。農家…

続きを読む


【新聞:岩手版】ニホンザルを元の生息域に

[ 2021年2月2週号 ]

 【東南部】釜石地区鳥獣対策協議会(舘鼻春雄会長、事務局=釜石市)では、ニホンザルの農業被害対策として、2019年2月からサルの群れの位置を把握できるインターネットサイト「アニマルマップ」を公開している。ニホンザルを元の…

続きを読む


【新聞:岩手版】ホワイトアスパラガス 堆肥改良で品質向上

[ 2021年2月1週号 ]

 【北部】ホワイトアスパラガスを栽培する二戸市浄法寺の株式会社馬場園芸では、堆肥を改良して品質向上につなげた。また、自宅で栽培できる「ホワイトアスパラガス栽培キット」をインターネットなどで販売し、客層の拡大に成功している…

続きを読む


【新聞:岩手版】第三者継承で酪農家に ヘルパー経験生かす

[ 2021年1月3週号 ]

岩泉町沢中山屋祐太さん・27歳 廃業する酪農家から2020年10月に経営を譲り受け、就農しました。実家は盛岡市のサラリーマン家庭ですが、牛を飼っていた岩泉町の祖父母の家には、長期休みの時に手伝いに行っていました。小学生の…

続きを読む


【新聞:岩手版】経営の柱に褐毛和種 牛舎広げ増頭目指す

[ 2021年1月1週号 ]

滝沢市鵜飼若松 敏明さん・71歳 2020年の春から、宮城県の牧場よりの褐毛和種を預かっています。もともとは酪農が経営主体でしたが、近年は続けることに体力的な不安を感じていました。新しいことをやってみたいという気持ちがあ…

続きを読む


【新聞:岩手版】増収続ける秋ソバ栽培 地域おこしの契機に

[ 2020年12月1週号 ]

 【磐井】「そばを地域おこしのきっかけにしたい」と話す一関市室根町折壁の小山安男さん(60)。2015年から休耕田と牧草地で秋ソバの栽培を始めた。倒伏に注意しながら年々増やしている。収穫したソバは、室根総合開発株式会社(…

続きを読む


1 2 3 4 5 6 33
ページ上部へ