[新聞:岩手版]野菜約20種類、原木シイタケ~安定供給へ効率良く~

農業共済新聞岩手版・東北営農技術版

[新聞:岩手版]野菜約20種類、原木シイタケ~安定供給へ効率良く~

[ 2016年7月2週号 岩手版 ]

【宮古市】約20種類の多品目野菜、原木シイタケ生産に励む宮古市田老の牧野正利さん(54)は、今年で就農4年目。「地産地消」を目指し、宮古市のスーパーや産直施設を中心に通年出荷している。効率の良い作業を心がけ、さらなる安定…

続きを読む


[新聞:岩手版]アスパラガス栽培拡大~新たな収入源に~

[ 2016年7月1週号 岩手版 ]

【遠野市】農家の高齢化や減少が進む中、JAいわて花巻の遠野地域野菜生産部会アスパラガス専門部(奥田満部長=74歳)では、農家の育成や作業の省力化に取り組み、アスパラガスの栽培拡大を図っている。行政からの支援もあり、遠野市…

続きを読む


[新聞:岩手版]ホウレンソウ通年栽培~持続型農業を実践~

[ 2016年6月4週号 岩手版 ]

【一関市】システムエンジニアから異分野である農業に転職した、一関市の石田良知さん(41)は、大型ハウスでホウレンソウの通年栽培に挑戦している。石田さんは安全な農産物を生産するという理念のもと、農薬に依存しない土作りを行っ…

続きを読む


[新聞:岩手版]水農生はつらつと

[ 2016年6月3週号 岩手版 ]

【奥州市】行事を通して多くの人たちに農業のことを知ってもらおうと、岩手県立水沢農業高等学校(神山秀市校長 生徒227人)では、春の2大イベントである苗の即売会と田植競技会を5月13日と19日にそれぞれ開催。両イベントとも…

続きを読む


[新聞:岩手版]大迫ブドウの活性化~ブドウの樹を増やす取組み~

[ 2016年6月2週号 岩手版 ]

【花巻市】生産者の高齢化や後継者不足により花巻市大迫町の特産品であるブドウの生産量が減少している。その状況を打開しようと、同町の花巻市葡萄が丘農業研究所(藤根勝栄所長)では、樹を残すことへの働きかけを行うなど、「大迫ぶど…

続きを読む


[新聞:岩手版]「高品質」を「安定」して出荷~スプレー菊~

[ 2016年6月1週号 岩手版 ]

【紫波町】「キクの栽培は難しい。でも、奥が深くて本当に面白い」と話すのは、スプレーギクを栽培する紫波町南伝法寺の菅原大介さん(40)。高品質なキクの栽培に情熱を注ぎ、周年出荷を目標に、日々研究に励んでいる。菅原さんは種苗…

続きを読む


ページ上部へ