おいしい米・きれいなリンドウ 民宿が農作業の励みに

農業共済新聞岩手版・東北営農技術版

おいしい米・きれいなリンドウ 民宿が農作業の励みに

[ 2018年7月3週号岩手版 ]

【八幡平市】水稲1.7㌶とリンドウ50㌃を生産する八幡平市細野の八幡正行さん(58)は、農閑期に民宿を経営。生産した米は民宿でも提供し、「お客さんに『おいしい』と言ってもらえるように」と農作業の励みにしている。 1993…

続きを読む


周年雇用の確保へ

[ 2018年7月2週号岩手版 ]

【二戸市】「雇用の確保が地域の活性化につながる」と、今年4月17日に株式会社「馬場園芸」を設立した二戸市浄法寺町馬場の馬場淳(まこと)さん(28)。年間を通じての雇用環境をつくるため、ホワイトアスパラガス「白い果実」の栽…

続きを読む


所得向上・雇用創出に貢献

[ 2018年7月1週号岩手版 ]

【岩泉町】町内の畑わさび生産組合5団体・関係機関・行政で組織する「岩泉町わさび生産者連絡協議会(馬川竹夫代表=67歳)が、平成29年度東北農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例に選定された。農家の所得向上と…

続きを読む


極少量培地耕でトマト栽培 品質向上、増収に挑戦

[ 2018年6月3週号 ]

【遠野市】「野菜の魅力は、手をかけた分、より良いものが出来上がること」と話すのは、遠野市附馬牛町の村上悠さん(33)。昨年就農し、ビニールハウス2棟を含む約8㌃の畑でトマトやレタス、ピーマンを栽培する。トマトは極少量培地…

続きを読む


10年目のライス・アート 地域活性化に一役

[ 2018年6月2週号 ]

【平泉町】農事組合法人アグリ平泉(佐々木正代表理事)が主催する「ライス・アートinひらいずみ」の田植え体験が平泉町長島で先ごろ開催された。地元の参加者をはじめ、グリーンツーリズムで農業体験を行う神奈川県の中学生も参加。今…

続きを読む


歓声と学び 田植え体験

[ 2018年6月1週号 ]

【奥州市】「えさし郷土文化館(相原康二館長)」が主催する田植え体験が先ごろ奥州市で開かれ、奥州市立岩谷堂幼稚園(菅原博園長・園児数20人)の年長組園児7人が参加。同館の職員に教わりながら、もち米の苗を丁寧にもち米の苗を丁…

続きを読む


ページ上部へ