畑作物共済

畑作物共済

概要

農作物共済と同様の被害により、一定の割合を超える減収となったときに共済金が支払われます。

対象作物引受方式補償内容
大豆全相殺方式
  • 補償割合は農家ごとに9割、8割、7割のうち、いずれかを選択できます。
  • 農家ごとに、基準収穫量の1割、2割、3割を超える減収となったときに共済金を支払います。
半相殺方式
  • 補償割合は農家ごとに8割、7割、6割のうち、いずれかを選択できます。
  • 農家ごとに、基準収穫量の2割、3割、4割を超える減収となったときに共済金を支払います。
一筆方式
  • 補償割合は筆ごとに7割となります。
  • 筆ごとに、基準収穫量の3割を超える減収となったときに共済金を支払います。
  • 平成33年産までに原則廃止となります。
大豆、そば、枝豆地域インデックス方式
  • 補償割合は農家ごとに9割、8割、7割のうち、いずれかを選択できます。
  • 統計単位地域ごとに、公表された統計単収が基準単収の9割、8割、7割を下回ったときに共済金を支払います。
  • 平成31年産より新設されます。
そば、ホップ全相殺方式
  • 補償割合は農家ごとに8割、7割、6割のうち、いずれかを選択できます。
  • 農家ごとに、基準収穫量の2割、3割、4割を超える減収となったときに共済金を支払います。
蚕繭全相殺方式
  • 補償割合は農家ごとに8割、7割、6割のうち、いずれかを選択できます。
  • 農家ごとに、収繭量が基準収繭量の2割、3割、4割を超える減収となったときに共済金を支払います。

対象となる災害

大豆、そば、ホップ、蚕繭の桑葉

風水害、干害、冷害、ひょう害、凍霜害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む。)による災害、火災、病虫害、獣害及び鳥害(蚕繭の桑葉は除く)

蚕繭の蚕児

風水害、地震及び噴火による災害、火災、病虫害及び鳥獣害

ページ上部へ