農作物共済

農作物共済

概要

 風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含みます。)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害により、一定の割合を超える減収となったとき、または、品質の低下を伴う生産金額の減少となったときに共済金が支払われます。

 

 

 

 

対象となる作物

水稲・麦(大麦・小麦)

  • 水稲及び麦の耕作面積の合計が10a以上の農家が加入できます。

対象となる災害

(1) 一筆方式、半相殺方式、全相殺方式、地域インデックス方式

風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む。)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害

(2) 品質方式及び災害収入共済方式

(1)の災害による減収又は品質の低下を伴う生産金額の減少

補償対象
作物
引受方式補償内容
水稲
全相殺方式
  • 補償割合は農家ごとに9割、8割、7割のうち、いずれかを選択できます。
  • 農家ごとに、基準収穫量の1割、2割、3割を超える被害が生じたときに共済金を支払います。
半相殺方式
  • 補償割合は農家ごとに8割、7割、6割のうち、いずれかを選択できます。
  • 農家ごとに、基準収穫量の2割、3割、4割を超える被害が生じたときに共済金を支払います。
地域インデックス方式
  • 補償割合は農家ごとに9割、8割、7割のうち、いずれかを選択できます。
  • 市町村ごとに、統計単収が基準単収の1割、2割、3割を超える減収となったときに共済金を支払います。
  • 平成31年産より新設されます。
一筆方式
  • 補償割合は筆ごとに7割、6割、5割のうち、いずれかを選択できます。
  • 筆ごとに、基準収穫量の3割、4割、5割を超える被害が生じたときに共済金を支払います。
  • 平成33年産までに原則廃止となります。
水稲品質方式
  • 補償割合は農家ごとに9割、8割、7割のうち、いずれかを最高として最低6割までの範囲内で選択できます。
災害収入
共済方式
  • 農家ごとに収穫量が基準収穫量を下回り、かつ、生産金額が過去の規格別出荷実績から得られる基準生産金額の9割、8割、7割に満たない場合に支払対象となります。

特約

一筆半損特約

一筆方式以外の方式に加入する場合、農家の選択で一筆半損特約を付すことにより収穫量の減少が5割以上のほ場について、5割減収として共済金を支払います。

※各方式の最高補償割合加入の場合、平年の2割分の共済金を支払います。

ページ上部へ