NOSAIとは

NOSAIとは

NOSAI(ノーサイ)とは「農業共済」というイメージを高めるための用語です。

共済とは、不幸などがあったときにお互いに助け合うことです。私たちNOSAIの役割は字が表すように、農業の仕事をする人たちが寒さや台風などで農作物に被害を受けたり、住宅や作業場が壊れたりした場合、農家の人に再び仕事を頑張っていただくための共済金(補償するお金)を支払うことが中心となっています。

NOSAIは、お米が取れなかった、牛が死んだ、りんごが風で落とされた、ビニールハウスが雪でつぶれた、家が火事になった、といったときに農家を支える団体です。

重要事項説明

NOSAI制度は、農林水産省・都道府県庁の指導・監督のもと、組合・国の2段階による責任分担を行って広く危険分散を図るなど、共済金の確実な支払いができるよう仕組みを採っておりますが、次のような場合には共済金等の全額又は一部が支払われないこと又は共済関係を解除することがありますので、ご了承のうえ、ご加入いただきますようお願い申し上げます。

  1. 通常すべき栽培(飼養)管理、その他損害防止を怠った場合及び損害防止について組合の指示に従わなかった場合
  2. 加入申込みの際等に、重大な過失等によって不実の通知をした場合
  3. 正当な理由がないのに、納入期日までに共済掛金の払い込みが遅れた場合
  4. 加入申込書に記載した事項に変更の通知を怠り、又、不実の通知をした場合
  5. 被害発生時に組合への通知を怠り、また、重大な過失等、不実の通知をした場合(組合への通知事項は次のとおりです。①災害の種類②災害発生年月日③災害により被害を受けた場所と被害状況など)
  6. 組合の財務状況によっては、共済金等のお支払いする金額が削減されることがあります。

家畜共済につきましては、次のような場合にも共済金等の全額又は一部が支払われないことまたは共済関係を解除することがありますので、ご承知くださいますようお願いいたします。

  1. 加入申込みの際、すでに病気にかかっていたり、傷害を受けているにもかかわらず、これを組合に通知しなかった場合
  2. 継続加入の際、それまでの事故除外(事故限定)加入から対象となる共済事故を拡大したとき、拡大した共済事故について、継続時すでに病気にかかり、もしくは傷害を受けていた場合
  3. 家畜を売買(譲渡・導入)したとき、家畜共済加入月齢に達したとき、子牛が生まれたときに、組合への異動通知がなかった場合

勧誘方針

本組合は、農業災害補償法に基づき、組合員の方々が不慮の事故によって被ることのある損失を補填して農業経営の安定を図り、農業生産力の発展に資することを目的として各種の共済事業を実施しております。これらの事業の推進に当たっては、「金融商品の販売等に関する法律」に基づいて、次の勧誘方針を定め、適切な事業推進に努めてまいります。

  1. 農業災害補償法、金融商品の販売等に関する法律及びその他法令等を遵守し、適正な事業推進を行います。
  2. 組合員の方々の知識、経験、財産の状況及び意向を考慮のうえ、適切な勧誘と情報の提供を行います。
  3. 組合員の方々に共済事業の仕組みやリスクの内容など重要な事項を十分に理解していただくよう努めます。
  4. 組合員の方々に対する加入推進のための方法及び時間帯について、迷惑となる行為は行いません。
  5. 万が一共済事故が発生した場合には、迅速かつ的確な損害評価を行い、共済金をお支払いいたします。
  6. 組合員の方々に対し、より適切な加入推進が行えるよう、役職員等の研修の充実に努めます。

コンプライアンス

本組合は、国の農業災害対策の重要な柱である農業災害補償制度の実施主体として公共的な性格を有しており、その使命を果たすための社会的責任を負っています。このため、法令等の遵守については一般の民間組織以上に徹底することが求められており、社会的な信頼を決して損ねることのないよう健全な組織運営に資する不断の努力を重ねていく必要があります。
このような点を踏まえ、本組合においてはコンプライアンス(法令等遵守)を徹底した事業運営の確保を目指し、次の事項に取り組みます。

  • コンプライアンス基本方針
  • コンプライアンス行動規範
  • 反社会勢力への対応に関する基本方針
ページ上部へ