【新聞:岩手版】美酒を町の名物にしよう

農業共済新聞岩手版・東北営農技術版

【新聞:岩手版】美酒を町の名物にしよう

[ 2019年10月3週号 ]

 【盛岡】雫石町の農家らが中心となり、同町に新しい名物を作ろうと、酒造好適米を栽培する「雫石ひと雫の酒プロジェクト(砂壁純也会長=50歳)」が、会員に向けた稲刈り体験を先ごろ行った。収穫された酒米は、二戸市の酒造会社でオ…

続きを読む


【新聞:岩手版】開設から18年 評判の田楽豆腐

[ 2019年10月2週号 ]

 【宮古】宮古市蟇目地区で直売所を運営する「ひきめの里直売所の会(花坂健会長=49歳)では、直売所の運営や市内のイベントに積極的に参加し、田楽豆腐などを販売している。また、地区内の遊休農地を活用し、地産地消にも取り組む。…

続きを読む


【新聞:岩手版】産直の集客 かかしが一役

[ 2019年10月1週号 ]

 【盛岡】紫波町佐比内の産直「峠の駅 紫波ふる里センター」では、地元農家や住民が手作りした「かかし」を10月27日まで展示するかかしまつりを開催している。まつりは、産直に多くの人を呼び込もうと始められ、今年で15年目を迎…

続きを読む


【新聞:岩手版】ソバ栽培 遊休農地解消と交流の場に

[ 2019年9月3週号 ]

 【東南部】住田町下有住地区の下有住いきいき活動協議会(金野純一会長)では、遊休農地の解消策として、ソバを栽培している。また、栽培したソバを使用し、そば打ち体験を開催。地域住民や世代間交流の場としても利用されている。 同…

続きを読む


【新聞:岩手版】フルーツほおずき 契約栽培で拡大へ

[ 2019年9月2週号 ]

 【宮古】岩泉町で食料品の販売や加工を行う有限会社早野商店(早野貫一代表取締役)では、岩泉町を中心に「フルーツほおずき」の契約栽培を進め、生産者と連携した生産拡大を目指している。商品は県内外の百貨店などに出荷。販路を拡大…

続きを読む


【新聞:岩手版】子育て世代のメンバーが専門店 好評の地産パン

[ 2019年9月1週号 ]

 【北部】軽米町円子地区の「まるこパン工房コパン」(大村錦一代表)では、地元のパン製造施設を利用し、今年5月からパンの製造・販売を開始した。パンを製造するのは、子育て世代の女性7人。地元の食材で製造した無添加のパンで、地…

続きを読む


1 2 3 4 5 6 26
ページ上部へ