[新聞:岩手版] 売上達成へ一直線

農業共済新聞岩手版・東北営農技術版

[新聞:岩手版] 売上達成へ一直線

[ 2017年8月3週号岩手版 ]

【北上市】「自分がイメージするものが作れたときにやりがいを感じます」と話すのは、北上市稲瀬町で野菜生産に励む千葉康弘さん(36)だ。ネギやキャベツ、トウモロコシを中心に多くの野菜を手掛けている。 遠野市出身の康弘さんは、…

続きを読む


[新聞:岩手版]ホウレンソウ ブランド化へ二人三脚

[ 2017年8月2週号岩手版 ]

【遠野市】遠野市小友町の佐々木まゆみさん(37)は、ホウレンソウ農家に嫁いで1年7カ月。夫の重人さん(38)や家族、地域の人に支えられ、農家の嫁として新たな一歩を踏み出した。 佐々木さん方では、ハウス20棟(約43㌃)で…

続きを読む


[新聞:岩手版]バラ 切り花部門で大賞 探究心持ち続けて

[ 2017年08月1週号岩手版 ]

 「第19回国際バラとガーデニングショウ」(同組織員会主催)で「白秋」を出品した花巻市石鳥谷町の吉池貞藏さん(85)が、バラ切り花部門で最高位の大賞を受賞した。自身4度目の最高賞に「栽培技術が高く評価されてうれしい。次は…

続きを読む


[新聞:岩手版]サクランボ「夏恋」 高まる贈答用需要

[ 2017年7月3週号岩手版 ]

【二戸市】雨よけハウスを使用してサクランボを栽培している二戸市の荒谷一也さん(46)。「佐藤錦」や「紅秀峰」「ナポレオン」など8種類のサクランボ約200本を40㌃の面積で栽培、出荷している。中でも糖度が高くて粒が大きく、…

続きを読む


[新聞:岩手版]ビタミン類が豊富 ギョウジャナ 魅力を広めたい

[ 2017年7月2週号岩手版 ]

【田野畑村】ギョウジャニンニクとニラを交配したギョウジャナの栽培に取り組む田野畑村和野の畠山清一さん(72)は「いわて行者菜生産グループ」の許可を得て3年前に栽培を開始。現在、県内の生産者20人中、宮古地域で唯一の生産者…

続きを読む


[新聞:岩手版]加工用タマネギ 地域の農地守る

[ 2017年7月1週号岩手版 ]

【遠野市】「子供たちを農地が荒れた環境で育てたくない」と話す遠野市宮守町の多田貴博さん(34)は、父から引き継いだ農業経営と耕作放棄地となった田畑を借り受け、新たな作物に挑戦。現在、加工用タマネギの収穫作業の最盛期を迎え…

続きを読む


ページ上部へ