[新聞:岩手版]ビタミン・鉄分豊富な桑の葉を活用~新たな特産へ期待~

農業共済新聞岩手版・東北営農技術版

[新聞:岩手版]ビタミン・鉄分豊富な桑の葉を活用~新たな特産へ期待~

[ 2017年2月2週号 岩手版 ]

【遠野市】遠野地方に伝承される農村文化や風習を体験・学習できる施設「伝承園」(菊池美保支配人)では、園内で栽培した桑の葉を100%原料とするパウダータイプの桑茶を商品化。2014年11月から販売を開始した桑茶は「くせがな…

続きを読む


[新聞:岩手版]根ミツバ栽培で周年出荷を確立

[ 2017年2月1週号 岩手版 ]

【田野畑村】冬場の貴重な収入源として根ミツバ栽培を導入し、野菜の周年出荷に励むのは、田野畑村巣合地区の中村真文さん(36)だ。天候に左右される難しい品目だが、夏場の除草管理などを徹底しておくことで収量を確保。現在、出荷の…

続きを読む


[新聞:岩手版]実情に合わせた環境改善で乳量増加

[ 2017年1月4週号 岩手版 ]

【洋野町】乳用牛の環境改善で質量の向上と乳量の増加を目指す堤内ひろみさん(55)。フリーバーン方式を取り入れ、牛群検定や地域のTMRセンターの活用に積極的に取り組んでいる。また、ミルクレディース会の部長を務め、農作業や家…

続きを読む


[新聞:岩手版]タマネギ春まきに挑戦

[ 2017年1月3週号 岩手版 ]

【花巻市】タマネギの大規模生産を目指し「春まき栽培」や機械による作業の効率化に取り組んでいるのは、花巻市太田の農事組合法人リアル(新渕伸彦代表理事=41)だ。同法人は、昨年の4月からタマネギ栽培を開始。岩手県では秋に苗を…

続きを読む


[新聞:岩手版]南部一郎かぼちゃ 魅力を発信

[ 2017年1月1週号 岩手版 ]

【一関市】中世の農村景観「骨寺村荘園遺跡」が残る一関市厳美町の本寺地区で、農業を営む佐藤弘征さん(72)。美しい農村文化遺産を活用し、農業を振興しようと地域の先頭に立って働いている。骨寺村荘園米研究会の会長を務める佐藤さ…

続きを読む


[新聞:岩手版]赤い果肉が目を引くリンゴ~ジェネバを花巻の目玉に~

[ 2016年12月2週号 岩手版 ]

【花巻市】果肉まで赤く、ルビー色をしたリンゴ「ジェネバ」。酸味が強く、さっぱりとした味わいが特徴だが、貯蔵性が悪いことから、日の目を浴びない品種だった。花巻市石鳥谷町の佐藤吉紀さんは、ジェネバで花巻のリンゴ生産を盛り上げ…

続きを読む


ページ上部へ