[新聞:岩手版]南部一郎かぼちゃ 魅力を発信

農業共済新聞岩手版・東北営農技術版

[新聞:岩手版]南部一郎かぼちゃ 魅力を発信

[ 2017年1月1週号 岩手版 ]

【一関市】中世の農村景観「骨寺村荘園遺跡」が残る一関市厳美町の本寺地区で、農業を営む佐藤弘征さん(72)。美しい農村文化遺産を活用し、農業を振興しようと地域の先頭に立って働いている。骨寺村荘園米研究会の会長を務める佐藤さ…

続きを読む


[新聞:岩手版]赤い果肉が目を引くリンゴ~ジェネバを花巻の目玉に~

[ 2016年12月2週号 岩手版 ]

【花巻市】果肉まで赤く、ルビー色をしたリンゴ「ジェネバ」。酸味が強く、さっぱりとした味わいが特徴だが、貯蔵性が悪いことから、日の目を浴びない品種だった。花巻市石鳥谷町の佐藤吉紀さんは、ジェネバで花巻のリンゴ生産を盛り上げ…

続きを読む


[新聞:岩手版]自然の中で「旬」を味わう ~りんご畑の中のカフェ mi cafe~

[ 2016年12月1週号 岩手版 ]

【盛岡市】自家産の果物を使用したメニューや、リンゴ畑から一望できる壮大な眺めが人気の「mi cafe」を経営する盛岡市黒川の松本正勝さん(57)直子さん(54)夫妻。規格外のリンゴを有効に活用するだけでなく、時期に合わせ…

続きを読む


[新聞:岩手版]移動式石窯ピザで地域のイベントに参加~農の多面性にワクワク~

[ 2016年11月4週号 岩手版 ]

【一戸町】「農業」からさまざまな仕事や成り立ちがあることを学んでほしいと、岩手県立一戸高等学校(猿川泰司校長、生徒数259人)の総合学科・生活文化系列の農業選択(3年生26人、2年生4人)では、授業で栽培した野菜を使用し…

続きを読む


[新聞:岩手版]第26回NOSAI岩手書写コンクール~生き生きした筆遣い~

[ 2016年11月3週号 岩手版 ]

NOSAI岩手(工藤忠義組合長理事)主催の第26回NOSAI岩手書写コンクール(後援=県、県議会、県教育委員会、NOSAI全国、農林漁業信用基金)の審査が先ごろ行われ、入賞者が決定しました。多くの作品をご応募いただきまし…

続きを読む


[新聞:岩手版]まんじゅう 7色の食材で虹を表現~目でも楽しんで~

[ 2016年11月2週号 岩手版 ]

【田野畑村】田野畑村の国道45号線沿いにある道の駅「産直プラザ思惟大橋」で豆腐田楽やまんじゅうなどを販売している店舗「田野畑レディース虹の橋」(牧原京子代表)では、7色の食材で虹を表現した「七色まん」を今年3月より販売し…

続きを読む


ページ上部へ